☆今月のおすすめワイン6本セット☆2021年4月

c04021538

☆今月のおすすめワイン6本セット☆2021年6月

(c04021538)

① シャトー・酒折 甲州ドライ 2019(白ワイン)
生産地:日本 / 山梨
生産者:シャトー・酒折
ぶどう品種:甲州100%
味わい:辛口
コメント:「瑞々しい酸味、キリッとした味わい。伊勢志摩サミット昼食会でも提供された爽やかな甲州!」
シャトー酒折ワイナリーは世界のワインを輸入する木下グループが1991年山梨県甲府市に設立したワイナリーです。
優秀な栽培家との協力関係を築き、「世界の中の日本のワイン」をスローガンに、世界水準のワイン造りを推し進め、クリーンで葡萄本来の味わいが生き生きとしたワインを生み出しています。
2016年に開催された伊勢志摩サミット昼食会でも提供された甲州ドライは、
和柑橘の香りや白い花、ハチミツ、リンゴのような甘い果実の香りと柔らかですっきりとした口当り。
程よい酸味が爽快で、甲州種特有のほろ苦さが心地良い余韻となっています。
刺身、寿司、天ぷら、ポン酢で食べる鍋物や酢の物、そして、出汁や味噌などの和の調味料との相性が良いです。

② フーグル グリューナー・ヴェルトリーナー クラシック 2019 (白ワイン)
生産地:オーストリア / ニーダ・エスタ・ライヒ
生産者:フーグル・ヴィンマー
ぶどう品種:グリューナー・ヴェルトリーナー100%
味わい:辛口
コメント:「じめじめを吹き飛ばせ!爽やかさ120%の白ワイン!」
フーグル ヴィンマーは、30代の若い夫婦によって約10年前に創業された家族経営の新しいワイナリーです。
いきいきとした果実味を残すために低温発酵を施し、ステンレスタンクで熟成されています。
グリューナー・ヴェルトリーナーはオーストリアを代表する白ワイン品種です。
白い花のようなフローラルな香りに、柑橘系果実やグレープフルーツの心地よいアロマと
トロピカルフルーツや品種由来の白コショウを思わせる印象。
果実味に溢れ、エレガントでみずみずしい味わいのワイン。
この季節にピッタリの白ワインです。
※SAKURA” Japan Women’s Wine Awards 2021ゴールド受賞(2019年ヴィンテージ)

③ ルナエ “ラビアンカ” リグーリア・ディ・レヴァンテ  2019( 白ワイン)
生産地:イタリア / リグーリア
生産者:ルナエ
ぶどう品種:ヴェルメンティーノ80%、マルヴァジーア20%
味わい:辛口
コメント:「トレ・ビッキエーリ(最高賞)の常連!リグーリア最高品質ヴェルメンティーノの造り手!」
ルナエは、パオロ・ボゾーニ氏が1966年に設立。現在は息子のディエゴ・ボゾーニ氏がエノロゴとして活躍しています。
リグーリア州、ラ・スペツィアに位置し、トスカーナ州とリグーリア州の境にワイナリーと畑を持っており、北イタリアの白ワインに特徴的な酸味、余韻に旨みのある心地よいミネラルを感じさせるワインを生み出しています。
“ラビアンカ”は、フレッシュでフルーティー、ミネラルを感じるヴェルメンティーノと
マルヴァジーアのやわらかな口当たり・フローラルなアロマが心地よい
夏の海や潮風を思わせる、活力のあるワインです。

④ エスクード・ロホ レゼルヴ・カルメネール 2018 (赤ワイン)
生産地:チリ / コルチャグア・ヴァレー
生産者:バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリ
ぶどう品種:カルメネール100%
味わい:フルボディ
コメント:「シャトー・ムートンを手掛ける名門バロン・フィリップ社がチリで造る、パワフルかつエレガントなカルメネール!」
メドック格付け第一級、シャトー・ムートンを手掛ける名門がチリの地で造る赤ワインです。
グラスに注ぐと、スミレの花のようなフローラルな香りやブラックチェリーなどの黒系果実の濃厚なアロマ、甘草のようなスパイスや焙煎したコーヒー豆の繊細なニュアンスが感じられます。
ダークチェリーの力強い果実味と共に、香ばしい黒コショウとモカの風味を伴うまろやかな舌触りがあり、力強いながらもエレガントな味わいです。
※ジェームスサックリング(世界でも最も影響力のあるワイン評論家の一人)92ポイント

⑤ シャトー・トリムレ サンテミリオン グラン・クリュ 2014(赤ワイン)
生産地:フランス / ボルドー
生産者:ジャン家(所有者)
ぶどう品種:メルロ 75% / カベルネ フラン 25%
味わい:フルボディ
コメント:「ル・パンの醸造家のご子息がコンサルタントを務めるサンテミリオン・グラン・クリュ!」
シャトー・トリムレは、1802年からジャン家が所有しており、現在19代目当主。
2011年からニコラ ティエポンがコンサルタントを務めており、徹底した収量制限を行っています。
ニコラ・ティエポンは、ヴュー・シャトー・セルタンやシャトー・ル・パンを醸し最高の醸造家と言われたジョルジュ・ティエポン氏のご子息で、素晴らしい醸造家です。
シャトー・トリムレ2014はフランボワーズ、イチゴ、カシスなどの熟した果実とバニラの香り。メルロのボリュームを感じられ、しっかりとした骨格で長い余韻が楽しめるワインです。
驚くほど様々なお料理に合います!肉料理、チーズはもちろん、マグロの赤身、納豆、アスパラなどの野菜たれの焼き鳥、キムチetc…ぜひいろいろなお料理に合わせてみてください。

⑥ ローリング・メグ ピノ・ノワール 2018(赤ワイン)
生産地:ニュージーランド / セントラル・オタゴ
生産者:マウント・ディフィカルティ
ぶどう品種:ピノ・ノワール100%
味わい:ミディアムボディ
コメント:「ワイン愛好家に注目される世界最南端のワイン産地、セントラル・オタゴのピノ・ノワール!」
マウント・ディフィカルティはニュージーランドのセントラル・オタゴ地区にブティック・ワイナリーとして
1998年、バノックバーンにあるブドウ栽培家ら4人によって設立されました。
ニュージーランドのピノ・ノワール生産者の格付けでは5つ星を獲得し、常にトップに君臨しています。
こちらのピノ・ノワールは2021年サクラワインアワードにて最高賞のダイヤモンドトロフィーを受賞しました。
チェリーやブルーベリーなどの赤系ベリーから黒系ベリーの様々な果実のコンポートのようなアロマにドライハーブや丁子のニュアンスが加わった複雑な香り。
細やかで上品なタンニンが中盤から立ち上がり、重心の低い、力強さのあるとても魅力的なワインです。
※SAKURA” Japan Women’s Wine Awards 2021ダイヤモンド・トロフィー受賞(2018年ヴィンテージ)

在庫状態 : 在庫有り
¥13,636 ¥13,636
数量